MENU

msyncmsync

SCROLL DOWN

動画、静止画、音声を照合し、
コンテンツへと誘導するサービス

セカンドスクリーン、020、コンテンツサービスなど、さまざまなビジネスシーンでご利用いただくコンテンツ認識ソリューション。

TECHNOLOGY

インターネット上のコンテンツを
自動で認識・追跡・管理できる
コンテンツ識別プラットフォーム

米Vobile社は、インターネット上のコンテンツを自動で認識・追跡・管理することができるMediaDNA®コンテンツ識別プラットフォームを開発しました。その中枢を担うのが”MediaDNA®”と呼ばれる特許取得済みの『フィンガープリント』技術です。正確性、ロバスト性(外乱の様々な変化における内的な阻止機能)そして拡張性に大変優れています。

さらに各コンテンツオーナーから正式に提供されたオリジナルコンテンツのMediaDNA®、メタデータ、およびビジネスルールを登録した業界最大規模を誇るVDDB®(VobileDNAデータベース)を運営しています。

SERVICE

msync

リビング、オフィス、街頭、ショップなどのデジタルサイネージ、映画館、ミュージアムなど...今、あらゆる場所に溢れる映像/画像のコンテンツ情報とスマートフォンを結びつけ、新たなビジネスチャンスを生み出すのが、Vobile®の新たなアプリケーションサービスmsync®です。すべてセカンドスクリーン(スマホやタブレット)を使って、視聴者が様々なコンテンツから情報サイトやネットショップへ簡単にアクセス。エンドユーザーは気になる映像やポスター、デジタルサイネージなどを見かけたら、スマートフォンやタブレット端末でコンテンツを認識させるだけ。そのまま関連するインフォメーションサイトやネットショップが表示され、マネタイズやマーケティングのアクションへ連動させます。 msync®は、あなたのビジネスやマーケティングをより簡便に、より使い易く実現する、新たなソーシャルツールです。

サービス概要図

今後益々進化すると想定されるモビリティ・サービスをより進化させる革新のコンテンツ認識技術をACR:Automatic Content Recognitionと称されております。そして、このACRサービスを具現化するために、弊社のコアテクノロジーであるMediaDNA®をベースとし、最先端のモビリティ・サービスに最適化されたアプリケーションとして、msync®を開発しました。ネット通販、TVショッピング、モビリティ・マーケティング、コンテンツ連動のイベントアプリケーション、O2Oマーケティングなど、消費者が求めるニーズに、適正かつ効率的なネットワーク・レスポンスを提供します。益々進化するスマートフォン、タブレット、PC、スマートTVのプラットフォーム上で、消費者に e-コマース(電子商取引)、情報娯楽、SNSの利用を増大させるユーザー・エクスペリエンス(UX)を提供します。

FEATURE

特徴

動画・音声・静止画に対応
テレビや映画などの動画から音声、さらにはポスターなどの静止画を認識します。
高速な照合
3秒程度の音声があれば照合が可能です。また、数百点の静止画から高速で対象コンテンツを照合し認識することができます。
ブラウザーベースでも対応可能
静止画の照合であればブラウザを使った照合が可能です。専用のアプリケーションをダウンローソさせることなく導入が可能です。

CONTACT

お名前
メールアドレス
ご相談・お問合わせ内容